ゴルフのスライス

MENU

スライスを改善するには?

スライスというものは、ゴルフのボールにかかったサイドスピンによって発生してしまうもので、ゴルフの技術として良くないものです。このスライスは例えば、アイアンなどで打っていれば出ないのに、ドライバーになるとどうしてもスライスが出てしまうということがあります。このドライバーでスライスが出てしまうということは、多くのゴルフプレイヤーが悩まされています。

 

スライスの原因は、サイドスピンがかかってしまうことですが、その原因としては、インパクトでフェースがターゲットに対して開いていたり、ゴルフスイングの起動がアウトサイドインであったりなどがあります。スライスの原因から考えて、ウィークグリップであるということ、アドレスの姿勢が間違っているということが挙げられます。

 

ウィークグリップは、最も多いスライスの原因となっており、これは飛距離がでないグリップです。一般的にスライスも多く出てしまうことになります。
この逆が、フックグリップとストロンググリップと呼ばれ、飛距離が出るグリップのことです。スライスの出やすいウィークグリップかと言いますと、特に左手のグリップです。ボールを前にして構えた左手を見て、こぶしの山が二個もしくは三個しか見えなければ、それはウィークグリップです。二から三個の拳の山が左手に見えるくらいが、グリップとしては調度良いそうですよ。ゴルフはスイングが全てだからと、スイングばかり変えるのではなく、グリップも変えることで、スライスも減りますよ。

 

トップページで紹介している岸副哲也の骨格ゴルフで学ぶのもいいかもしれませんね。岸副哲也の骨格ゴルフは、中高年のゴルファーの方に、おすすめのゴルフ教材DVDになります。今回の記事では、スライスを取り上げてみました。お役に立ちましたでしょうか。